エリンギの培地作りから、原料にオガ、栄養剤を加えて培地を作ります。それを機械に通し、一定量をビン詰めをして、細菌室に入れるまでの工程を受け持っており、機械の側での作業なので清潔な環境の中で、安全に作業が出来るよう心がけています。
障がい者の方とのコミニケーションを多くとることによって、1人1人の障害特性を理解し、なんでも話せる人間関係をつくりたいと考えております。これからも、他の部署と連携をとり消費者の方に安心・安全な製品を提供できるよう努力していきたいと思います。
                      

エリンギを作るための種となる菌『種菌』を管理する部署を担当しています。具体的には、原菌の植え付け(接種・種菌)のチェックを行う仕事をしています。
種菌が悪いと成長したエリンギも出来の悪いものになるので、種菌1本1本に異常がないか、日々管理して安全で安定した種菌の培養、選別、接種を目指しています。
高品質で消費者の方に喜ばれるエリンギを安定供給出来るよう、各部署は勿論、会社全体で意見を出し合い、取り組んでいきます。

                      
 
 

エリンギの出来栄えに支障が出ないように、芽出し室、育成室の管理を行い、高品質なエリンギを育成することが私の仕事です。
毎日同じ作業で気の緩みが出ないよう、障がい者の方とコミュニケーションをしっかりと取る事を心掛けています。
生長したエリンギを障がい者の方が収穫するのを見てよろこびを感じ、これからもより良いエリンギを作れるように頑張っていきたいと思っています。


                      

包装・出荷部署は社内一の大所帯です。
色々な障害性を持った仲間が、安全で高品質の製品を出荷できるよう日々努力をしています。
また、他部署との連携により、ムダのない作業をすることを心掛けています。
私たちが、心を込めて包装し出荷したエリンギが、お客様の食卓で笑顔で迎えられるようにこれからも努力を続けていきたいと思います。


                      
 
 株式会社きのこハウス
 〒698−2144 島根県益田市虫追町ロ320番地100
  TEL:0856−28−8484 FAX:0856−28−8490


Copylight (c) 2011 Young All Rights Reserved